輸入バイク、レアパーツのブログ

DUCATIやAprilia、harley-davidson等の輸入バイクの情報やパーツを販売しています。
twitter
https://twitter.com/syu_kawaguchi
facebook
https://www.facebook.com/295754440806191
ヤフオク
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/kawaguchi_manjirou_shop

【バイク】長距離ツーリング前準備【ツーリング】


今日も記事を読んでいただき有り難う御座います。


今回のテーマは長距離ツーリングの前準備について書きたいと思います。


片道を300Kmを超えるような長距離ツーリングの際は何かアクシデントがあった場合、いろいろ対応がおくれたり、最悪何十キロとバイクを押さなければならなかったりします。


前準備をすれば絶対にアクシデントがないとは言いませんが、やらないよりやる方がいいです。


前準備する順番はどうでもいいですが、各部チェックしてください。


タイヤのチェックですがまずはスリップラインが出ているか出ていないか、写真のタイヤはST600の専用タイヤのR10なのでスリップラインはありませんが普通のタイヤですと

写真でわかるように溝にスリップラインがあり、これが超えてあるとタイヤ交換の時期です、ツーリング計画の走行距離を考えて消えないかどうかを確認してください。


またタイヤに釘や傷があることがありますので、そういう場合はパンク修理かタイヤ交換してください。
上の写真のタイヤはスリップラインもでて尚且つタイヤに傷があるので要交換ですね。


メンテナンススタンドでしたらその場でタイヤ回して確認できますが、メンテナンススタンドがない場合は車体を前後させてチェックしてください。


つぎに空気圧

画像だと1.3Paなので低すぎです。タイヤにはメーカーや種類によって規定値があります。基本、規定値に合わすのがベストです。おおよそ2.0~2.5あたりです。ガススタ等で空気入れてもらうのも手です。


次にステップを確認してください、取付ボルトにガタがないかを左右、必ず目視と力をかけてください。


走行中にステップが落ちると、それがカーブの途中だと転倒の危険性があり、ツーリング先だと最寄りのバイク屋やボルトを販売してるホームセンターなどわからないことがおおいので、少しでもゆるんでいたら増し締め、解らなければ最寄りのバイク屋に行くことをお勧めします。


次にプラグコードの劣化確認、下の写真では青色のコードです。

GSR250を例にとると

このケーブルです。プラグに電気を送るケーブルなのでこれが劣化していると、エンジンにスパークしずらくなるのでエンジンが止まりますし、大体のバイク屋ではストックしていないので、ツーリング先でトラブルと何日も待たないといけないので大変です。
ですので亀裂や劣化がないか目視で確認してください。


プラグレンチをもっていたらプラグの状況もチェックするのがいいと思います。


つぎにバイクの下部をのぞいてオイルが漏れていないかをチェックしてください。大体漏れる場所というのは決まっているので、漏れていたらバイク屋でチェックしてください。ちなみに漏れる場所はドレインボルト、オイルフィルター、ベースガスケット、ヘッドガスケット、クランクカバーガスケットあたりが濃厚です。


次にチェーンの伸びです、手で上げてみて大体2.3cmぐらいの振れ幅が正常です。それ以上の振れ幅がある場合はリアホイールで調整するか、チェーンを交換してください。
ついでに洗浄、注油あたりするのもおすすめです。


次にブレーキのチェックをします。ブレーキを握ってエアーが噛んでいないか、ぷにぷ二していないかを確認してください。わからない場合はフロント、リア片方ずつブレーキをかけて車体を前後させてみて、少しでも前に進んだらブレーキフルードの交換でエアー抜きを行ってください。人の力でブレーキが利きにくいならエンジンの力では全く効かないですので。
自身で出来なければバイク屋やできる人にやってもらってください。


次にブレーキパットのチェックです。

最近ではスマホのカメラで写真を撮って確認が楽です。
写真を拡大して確認できますし、上の写真ではまだ3mmほどありますので大丈夫です。

リアパットですがこれはあと1mmほどしかないので要交換です。長距離ツーリングにはむきません。


次にオイルですが、前回交換時期から考えて、ツーリング中に交換時期が来ないように、くるなら交換をお勧めします。


オイルのグレードやバイクの使用方法、排気量等で変わりますが、3000-5000kmで交換です。


あと上の写真はリアスタンド立てているので油面が上がっていますが、油面を確認してオイルが減っていないかを確認してください。


つぎにフロントサスとリアショックのオイル漏れのチェック、少しでもオイルがにじんでいたら、オーバーホールが必要です。


次にライトスイッチ類、セルスイッチのチェックをしてください、ライトが付かない場合はライトの交換、セルが回りにくい場合はバッテリーの交換をおこなってください。


最初はやることが多いですが、慣れれば10分もかかりません。


最後に車検証や保険証のコピーやバイク屋、JAF等のレスキューの電話番号の控えを持っておくのが重要です。





【故障?】DUCATIの維持費【維持?】

今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。


今日は維持について書いていこうと思います。




DUCATIは故障がとか、ぼったくり価格などと世間では言われています。


確かに国産メーカーに比べて工賃や物品、純正部品は高いです。これは間違いないです。


しかし、これは「ぼったくり」ではなく分母の違いです。
例えばHONDAの「スーパーカブ」を例に挙げると分母は累計8700万台
そこまで分母があると製造する方も大量に作るため製造コストは下げれます。


対してDUCATIは2015年で世界市場で54800台でニュースになるぐらいです。
しかもすべての新車の車種を合わせてですので、スクランブラーやモンスター、パニガーレ系を合わせての事です。
それでは製造コストが上がるのは仕方がないです、同じ理由で工賃も上がってしまいます、工賃はあと競合が少ないのも工賃が高い理由の一つです。


ですので値段が高いのはみとめますが「ぼったくり」ではありません。
極短な話、パニガーレがスーパーカブ並に売れればパーツ代はやすくなり、売れ行きがいいからDUCATIを扱うお店も増え工賃も下がっていくでしょう。しかし現実的にそれはないので、工賃やパーツ代が高いことに文句があるならDUCATIやAprilia含め弱小海外メーカーのバイクは買わない方がいいです。


次に故障ですが、故障はします、これも分母の違いです。例えば不良率が5%の部品があったとします。
国産バイクで年間10万台うれたと仮定し、DUCATIのパニガーレ899は2015年で5806台同じ10%であるパーツが故障したら、国産バイクは5000台、パニガーレは300台が故障します。


が!これは数字のマジックです、逆をいうと国産バイクは9万5000台は全く問題ないということなのです。つまり文章を替えると


国産バイクは9万5000台問題なくパニガーレは300台故障した


これに尽きるのです。また工場などで勤務や実態を知っている人ならわかると思いますが10万個の部品をつくるのと5000台では不良率、歩留まりは圧倒的に10万個の方が利率は少ないです。10万個も出荷するとなるとその前に機械での作業でのデータがちがいますので、そのあたりもDUCATIが壊れるといわれることです。


また、だいぶ前の記事にも書きましたがDUCATIのL型エンジンは部品種類が他のバイクに比べて多いです、部品点数が多くなればなるほどメンテナンスが重要になってくるのは仕方のないことです。


きっちり調整メンテナンスをしていれば故障はジェネレーターやインジェクターなどの部品単位ではありますが、致命的な故障はおきません。


ですので、もしDUCATIをこれから買いたいけど、不安な人は結果だけみて「パーツ代なんかが高い」「故障する」ということだけでなく、その背後の理由を考えて購入してください。


私の勧めるDUCATIの買い方は新車を保障期間中に乗りつぶす、もしくはトライ&エラーを出されつくしている年代のDUCATIを買う、ただしこの場合はその年式のDUCATIに精通しているメカニックがいることが前提です。


Let's DUCATI Life


\(◎o◎)/!OEMインジェクター出品中\(◎o◎)/!
新作バルブキャップ出品中
新作USB付電圧計も出品中
ブレーキウインカーLEDバーもあります
数量限定DUCATIアウトレット品もあります
Aprilia OENオイルフィルターあります。
998用インジェクターホースできました。
TPMS入荷しました
↓↓↓ヤフオクページ↓↓↓



【自作】ガスケット【制作】

本日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。


古いバイクを扱うと結構な頻度でバックオーダーや製造終了、再販予定なしなどの部品が出てきます。


これは部品などを作るときの金型というものが日本の場合資産扱いになるからです。
簿記などをやったことある人はわかると思いますが減価償却後に資産扱いになると、その分いろいろな税金など無駄な経費がかかってしまいます。


もちろん人気車種でその経費よりも利益がでるなら製造はつづけますが、なかなかそうはいきません。


マイナーなバイクがさらにマイナーになっていくのも仕方がありません。


だからといって大事に乗っていてもオイルは漏れてくるし、必ず必要な部品は出てきます。


そこで、自作になるわけです。


自作というと難易度がたかいようですが、ガスケットにかぎってはただ切るだけですので簡単です。


まず、色々なところがベースガスケットと言うものを売っています。


色も厚みもいっぱいありますので、用途に合わせて注文してください、
そして、次に手に入るなら純正のガスケットを用意してください。なければ使用済みガスケットをきれいにはがしてください。


それを基に鉛筆等で下書きをして綺麗に切り取ります。


そして、いざ組み込むときはエンジン内部側の剃り残しなどをきれいに削ります。
外側はどうでもいいですが、内側はきれいに尚且つ、内部にカスが入らないように注意してください。


これもネットで見つけましたがこんな感じです。

そして出来上がったガスケットを、さっそく付けるのではなく、まずは厚紙で再度同じものを作ってください。これは次回制作するときの金型として保管しといてください。ついでに純正もかったひとは念のために純正も保管しといてください。


これ、実はDUCATIやApriliaなどのイタリアのバイクでは重宝します。なんといっても本国ではバカンスがありますので、国内在庫がない場合、発注しても3ヵ月後なんてことも・・・


たかがガスケットに・・・しかもまだ古くないのに・・・・


そんなとき自作をしてみてはいかがでしょうか??


\(◎o◎)/!OEMインジェクター出品中\(◎o◎)/!
新作バルブキャップ出品中
新作USB付電圧計も出品中
ブレーキウインカーLEDバーもあります
数量限定DUCATIアウトレット品もあります
Aprilia OENオイルフィルターあります。
998用インジェクターホースできました。
TPMS入荷しました
↓↓↓ヤフオクページ↓↓↓